モチベーション 仕事

過去を振り返ることは悪い?

上司はネガティブ発言をする部下を嫌いますよね。前向きで元気に頑張る部下を好みます。

では、後ろ向きで過去を振り返ることは悪いことなのでしょうか? いいえ、決して悪い事ではありません。過去の経験から、それが成功体験でも失敗体験でも今に活かせる事はたくさんあります。過去を否定したら今までの生き方をすべて否定する事になりますもんね。そもそも今という時間は一瞬で、人は常に過去と未来の間で生きています。認識しやすいレベルで秒単位で生きてるとすると、1秒後は過去でも未来でもあります。無駄な時間を一切過ごさない人はいませんが、すべての時間を無駄に過ごす人もいません。

でもなぜか過去を振り返る事に、悪いイメージを持たれる事ってありまよね?これは振り返り方によります。

「前はこうだった」「昔の自分はカッコよかった」など、過去の栄光に浸ったり囚われ過ぎるのはよくありません。これは、動きが止まってしまうからです。

しかし、客観的に自分を見つめ、過去の経験を今後の仕事に活用するために振り返る事は悪い事ではありません。良かったことも悪かったこともです。後悔する出来事があったらそれを教訓にすれば良いですし、落ち込んでいる時に自分を鼓舞したり心のバランスを取るために、過去に活躍した頃を思い出す事もいいでしょう。

結局は“どういう目的でその行動を取っているか”が大切なのです

リーダーとしての資質が低い上司は、マニュアル通りにしか動けません。何でもカタにはめようとします。素直に言う事を聞く人間を好みます。ルールや規則にうるさい人は、それを盾にする方が楽だからです。もちろん、それ以外に相手を納得させるスキルも人間力もありません。そういう上司に限って部下に指示する内容や目的も理解できてなかったりします。

「会社の方針だから」「○○部長からの指示だから」・・・・

こんなセリフを聞いたことある人はいませんか? 自分がそういう上司になっていませんか?

例えばあなたが部下を見て何となく元気ないと思ったり、後ろ向きな発言をした時に、「なぜそういう言動を取ったのか?」「今どういう心理状態なのか?」「仕事上で悩んでる事はないか?」「プライベートで問題が発生してないか?」などを様々な角度から客観視し、冷静に分析して接していきましょう。

自分の思い込みで頭ごなしに接するのは教育とは言えませんからね。

ちなみに仕事のできる上司は、逆にちょっと生意気な社員を可愛く思ったりします。それは、生意気やワガママを通すことは、それだけパワーを使うことだと知っているからです。かつ、そんな生意気な社員でも自分だけには従うという事がステータスに繋がるからです。その代わり、もちろん生意気で仕事ができない社員は嫌われるだけです。それは当然ですね笑

パワーを使う=会社の中で戦っているということです。

若いうちはやり方が間違うこともたくさんありますが、戦ってる人には必ず味方になってくれる人が現れます。

-モチベーション, 仕事

© 2022 Sanblog Powered by AFFINGER5